2009年6月9日火曜日

富樫同人誌

ヨシりんでぽんなど面白い富樫の同人誌が色々あって、ネットで探してみると買えはしないけれど、読めて面白かった。今は子供が受験がどうとか言っていたのをどこかで見たのでけっこう大きくなっているはず、どうしてらっしゃるのか、ちょっと想像してみる今日この頃です。作品からはとっても仲むつまじく、お子さんを可愛がって居らっしゃる幸せ家族像がうかがえるのですが、今もそうだったらうれしいです。僕は富樫先生みたいな家族が理想だとおもっているので、それが壊れないことを願っています。
 GTOを少し読んでいました。GTOは中学時代にはまっていたのですが、最近読んでみると、あまりだなと思いました。ぶっちゃけぼくはその頃の自分の感性にあまり自信が持てません。GTOはなんか、説教臭いというか陳腐というか。例えば幽遊の仙水のように最後まで自分の信念を貫いて死んでいくみたいなのが、好きなのですが、GTOではみんなあまりにさっさと反省して、更生(?)してしまって面白くない。まあでも、あのぶっこわれた鬼塚という教師を産み出したのはすごいとおもいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿